横浜市(都筑区、港北区)の幼児教室、幼児教育ならヨコミネ学習塾、学童保育

HOME > 体操カリキュラム

運動プログラム

運動神経の基礎は6歳頃までに約9割がつくられるといわれています。

◆体操カリキュラムでは、「走る」「跳ぶ」「投げる」「蹴る」などの基本的な動きをバランスよく組み入れることによって、「自立に必要な3つの力」のひとつである「体の力」を育てます。

◆運動は、学習と同じように子どもの脳に刺激を与えます。そして、子どもの脳神経は大人の何十倍、何百倍もの勢いで発達し、新たな回路を形成します。この回路は学習や生活で問題に行き当たった時などの解決の道筋となってくれます。まさに一生の財産になるものです。

◆インストラクターは「ヨコミネ式教育法の考え方」を深く理解し、下記の原則や法則に従って指導を行います。

①「ヨコミネ式」の目的は「自立した人間を育成すること」

②「すべての子どもは天才である。できない子なんていない」

③「自立に必要な3つの力」(学ぶ力、体の力、心の力)

④「自学自習の習慣をつける」

⑤「才能開花の法則」
(できることは面白い→面白いから練習する→練習するから上手になる→上手になると大好きになる→そして、次の段階に行きたくなる・・・)

⑥子どもをやる気にさせる「4つのスイッチ」
(子どもは競争したがる。子どもは真似をしたがる。子どもはちょっとだけ難しいことをしたがる。子どもは認められたがる)

スクールカリキュラムの一例ご紹介

ヨコミネ式体操&体幹トレーニングクラス

最も基礎となる「ヨコミネ式体操&体幹トレーニングクラス」では、鹿児島本部と同様のカリキュラムを基に、子ども達の指導を行います。
主に取り入れるカリキュラムとしては「かけっこ」「逆立ち歩き」「ブリッジ」「片手横回り」「跳び箱」に取り組みます。
男の子は基礎体力が整ったタイミングを見計らって「レスリング」のカリキュラムも取り入れます。
「かけっこ」は3歳から毎日取り組みます。かけっこが運動の基本です。順位をつけ真剣勝負します。
足の遅い子どもにはハンデをつけます。
遅い子でも1番になる状態をつくることでやる気のスイッチを入れてゆきます。逆立ち歩きは3歳から、壁逆立ち、三点倒立へと進みます。

逆立ち歩き

逆立ち歩き

片手横回り

片手横回り

レスリング

レスリング

体幹トレーニング

体幹トレーニング

跳び箱

跳び箱

ブリッジ

ブリッジ

横峯吉文 プロフィール

横峯吉文

横峯吉文(よこみね よしふみ)

1951年3月1日、鹿児島県志布志市生まれ
鹿児島県志布志市にて社会福祉法人純真福祉会を経営。
「通山保育園」、「伊崎田保育園」、「たちばな保育園」の3保育園と「太陽の子 山学校演習場」、「太陽の子 児童館」の理事長。
読み・書き・計算の自学自習をベースにしたユニークな「ヨコミネ式」教育法は全国的に有名。
フジテレビの特集番組「エチカの鏡」にて「ヨコミネ式」の内容が放送され、エチカ史上最高の視聴率を記録した。
女子プロゴルファー横峯さくらの叔父。

下記は「ヨコミネ式オフィシャルWebサイト」へリンクしています。

このページの先頭へ
ヨコミネ学習塾
資料請求・体験申込・お問い合わせ
Copyright © ヨコミネ学習塾 All Rights Reserved.